aumyogaのアシュタンガ練習日記

2016/9月アシュタンガスタート ただの練習記録

なぜベジタリアンなの?

Namaste

今日は自分がベジタリアンになったきっかけでも書こうと思います。

ベジタリアンについて知ったのは、9年前に1ヶ月だけ滞在したカナダのトロントで。

知り合ったカナダ人の女性がベジタリアンで、大豆ミートを使った韓国風焼肉おにぎりとやらを作ってくれたのがきっかけ。

美味しかったしこういう食生活もあるのか〜って興味を少し持ったのと、トロント滞在中住んでいた家のお母さんの手作りクッキーを食べ過ぎて5キロ増えて帰国したのもあり”なんだか身体に良さそう”程度で初めてのベジタリアン生活にトライしたのでした。

 

そんなに本気でもなかったし、周りにベジの人もいないしほぼ毎日誰かと外食をしてたような時期なので継続できず初挑戦はあっという間に終了。

9年前の神戸にベジカフェとか今くらいあったのかな、、、?

 

その初挑戦の印象で、日本でベジ生活=無理。という方程式ができてしまったけど、なぜかやはり動物性を取らない食生活という事へ対しての興味は失せず、それから3度程挑戦しては外食の難しさと人付き合いへのわずかな影響もあり断念を繰り返しました。

 

今思えば特に続けようという努力もしてなかったし、適当にやってたなーと思います。

なんか人と違うことやりたい的な部分の割合の方が大きかった気もする。

 

その何年か後に初めて訪れたインドのリシケシという街で1ヶ月完全にベジタリアン生活を体験しベジ料理のバラエティの豊富さ、美味しさに魅了されてまたまたベジ生活への魅力がググッと増した!!

リシケシは街全体がベジなので何の意識もせず、どこのレストランに入っても勝手に純粋な菜食生活ができる天国なのです!!

そして初インドで衝撃と大きなきっかけをくれたのは、街に普通に牛や豚や猿などが人と同じように生活していること!

猿は人間のものを奪ったりしてトラブルもあるけど、なかなか日本にいると猿が日常にいるとかないですよね。牛なんて特に!の〜んびり牛がマイペースに歩いてたり、商店のものを食べようとして怒られてたり笑。

その光景が可愛過ぎて愛し過ぎて、毎日見てても飽きない。むしろ牛への愛が増していく!!!それから、(何で私たちはこの子たちを食べるんやろう,,,?)って疑問が初めて湧いてきた。

その後も年に1回はインドへ行く生活を繰り返して、去年の6月にマイソールに着いた時(もう、今日からはインド滞在時だけのベジタリアンはやめて帰国しても続けよう。)って強く決意しました。

 

なのでベジタリアン生活を選んだ本当の強いきっかけは出会った牛たちの影響です。

スーパーで切り身でお肉や魚が売られているのしか見ずに育ったらお肉やお魚を食べるのが当たり前になってしまうのもしょうがないと思う。

でも一回、元を辿ってこのお肉や魚が生きていた時の姿を考えてみたり、どんな環境で育っているのか、どんな気持ちで出荷されて人間の為に殺されてしまうのか一度考えてくれる人が増えたらいいなと思って今日はこの記事にしました。

昔のように狩りをしないと食べ物がない,,,生きていけない,,,という時代とは真逆な今の時代だし。

 

粗悪な環境で育てられている子たちがほとんどだし、犬や猫は食べないのにどうして牛や豚や鳥は平気なのかなとか一度考えてみると昔から食べてるからというような感覚で食べるというのは出来なくなると思います。

私は稀に人付き合いの外食で魚を食べてしまうこともあるけど、ありがとうって思えるし、無意識に頭を使わずに(昔から食べてるし)的な考えで動物性を取るのと、一度知った上で選択して動物性をとる食生活をするのとでは、同じものを食べても意味が違ってくると思います。

 

こういう記事を書くと、じゃあ野菜は生きてないの?とか色々突っ込んでくる人もいると思うしちょっと内心ヒヤヒヤしてますが笑。

ヨガの練習と食生活は深く関係しているし興味を持ってる人や経験した人もこのブログを読んでくれたらいいなと思って書いてみました。

日本では本当に続けるのが難しいと思うし、例えば結婚してたり子供がいる等それぞれの家庭での食生活もあると思います。現に私は実家でご飯を食べるときなかなか食べれるものがない笑!

でもあまり追い詰め過ぎずにゆるゆるベジ生活や最近よく耳にするミートフリーデイとかを自分の中で設定するのもいいかなと。

きっかけだけ書くつもりがいつの間にか熱く語ってしまいました。。

早く寝なければ!!!

それではまた*:)

 

 

 

 

 

 

 

継続こそ難しい

ご無沙汰してます。

毎日頭の片隅でブログ...ブログ...と声が再生されているのですが、帰宅してヨシっ!今日こそは書くぞー!とPCを開いても頭の整理が出来ず。

とりあえず追い詰めて書くものでもないし、そんな自分をリラックスさせてあげようとアニメを見始めて終わった頃には強烈な眠気に襲われて結果Zzz...な日々を繰り返しておりました。

決して忘れていたわけではありません笑。

でも予想以上の方がブログを読んでいてくれて、さらに読んでるよーて言ってくれたり楽しみにしてるって伝えてくれたりして照れと嬉しさが溢れて爆発しそうになってます。

 

そんな中、頭が固い私は、(ブログはちゃんと書かなきゃ!しっかり長く書かなきゃ!)って無意識に思い込んでて...

今日Ashtanga Yoga Kobeのセイヤ先生が、『文章が長い日や短い日があってもいいんじゃない?』という言葉に、そっかーーーー!!!!!!!!そうやん!!!!!

って肩の力みがスーッと抜けて今早速書いてます。

 

この思考回路は私の中でよく発生していて、練習でも顕著に現れてます。

例えば、(練習するならフルでやらなきゃ!最後までできないならやりたくない!太陽礼拝だけでもいいけど練習とは言えない!)とか思ってた事もあるくらいです。

そのせいで練習に行きたくない時期もあったし義務感というか意地みたいなのでやってる時もあった。

 

練習以外だと読書や勉強の時にもこの思考回路が発生!!

(勉強するならしっかり机に向かって最低1時間はやらなきゃ!とか読むならたくさん読まなきゃ!などなど)

 

ちゃんと書かなきゃ、1時間OOしなきゃとか考えてるうちに想像したら嫌になって結局読まない、書かない、勉強しない。に繋がってしまう。

 

この思考回路をお持ちの共感してくれる方、いますよね...笑?

 

一見ストイックに見えるこの思考回路は、継続にはかなりの邪魔者であって

何か物事を続けるにはまずは習慣化が必要なのに、このちゃんとできないならやりたくない、やらない。になってしまうのは本当に良くない。

 

ヨガの朝練については少し前にこの自分の悪い思考の癖に気づいて、今は前より毎日気持ちよく練習できるようになってきたし継続もできてるから、もうこの思考回路とはおさらばできたつもりでいたけど、今回ブログの件でまだあったのかい...と判明。がーん。

 

うんまぁ癖はそう簡単には抜けないからまずは気づけただけでも一歩前進やし、もし何か習慣づけたいことがある人で私のような考え方の癖がある人は、まずやってみて疲れたらやめるとか、ヨガならとりあえずスタジオに行くとか、とりあえずマットに立って動いてみてどうしてもできなかったらそこでやめるとか、そういうスタンスで続けるのを一丁前におすすめします笑。

 

という事で今日はこの辺にしておきます*:)

おわり。

 

 

 

 

 

ヨガは魔法じゃない…

Namaste🙏

毎回何を書こうか迷います…ブログ得意な人はいつもどう書くことを決めてるのですか…知りたいー!!!

 

今日は、自己紹介をする機会があるたびに、ヨガしてますって話をすると聞かれすぎる質問とそれについて自分なりに思うこと書きました。

よく聞かれるのが、

(ヨガしたら痩せる..?)

(〇〇って治るかな...?)

(体柔らかくなる...?)

(ヨガしたら何か変わった?)

などめっちゃ聞かれます。インストラクターしてる人とかヨガ通ってる人なら聞かれた経験あるはず!!!

 

もちろんヨガに興味持ってくれるのは嬉しいし、ヨガしてますって言って、(あっそ)的な返事もそりゃまた寂しいわけなんですが、いつも思うのが、ヨガの効果(効果って言葉もあんまり好きじゃないけど…)はほんとに人それぞれ。だと思うのです。一概に、痩せます!とか治ります!とか言えない。

 

そして何かしらの変化をその人にもたらすのはヨガのポーズだよ!というよりヨガに取り組む本人の姿勢とか継続するチカラとかそういうものの影響のほうが大きいと個人的には思ってる。

 

例えば、(痩せる)に関して言えばヨガに通ってたら勝手に痩せていく!!っていうよりかは、ヨガの為に早寝早起き生活に変えると夜のお酒が減って自然に痩せる…とかヨガでストレスが減って食欲が自然な状態に戻る…とか他にもあるけどそういう事が変化を起こす可能性が高いと思う。もちろん運動の要素もあるからそれで痩せるのもあると思うけど、ヨガやってるから大丈夫〜的な他人任せなものではないよ…と。

 

ヨガしてたら勝手にいい人〜になるわけじゃないし、、むしろヨガを通じて自分の嫌な部分、見たくない部分がわかってきたり、人との関係性を見つめなおしたりして巻き起こってくる葛藤とかあるし…なんかこう、ヨガをすることによって心の奥底の泥みたいなのが浮き上がってきて荒れる事も絶対あると思う!!

 

でも何かを変えるには継続する意思の強さだったり、考えすぎずにまず動いて自分で体験するっていうのが必要になってくるはず。

 

ヨガで感じることはほんとに人それぞれだから、他人の感想だったり他人の変化なんて参考にせずまず自分でとことん経験してみて欲しい :)

ヨガはすぐに変化が目に見える魔法じゃないからすぐに投げ出さずに続けることで見えてくるものは色々あると思うからまずは試して続けてほしいなーと思うのでした :)

 

次は何書こう…むしろだれかテーマください笑。

 

 

 

 

もしヨガをしていなかったら...?

なるべく更新しようと決めたにも関わらずまたもや更新できてなかった!!!Oops!!!

 

4月に帰国した時、あれー?日本ってこんなに時間が流れるスピード早かった,,,?て思っていたのにいつの間にかその流れに良くも悪くも対応してしまい忙殺されてしまっていた。。。人間の適応力って凄い。

正直帰ってきてから、街の中の緑、自然の少なさ、同じような商業施設、無機質なものばかりの景観に心底うんざりしてしまって抜け殻になってしまってました。

でもまあこれが今の私の現実なわけでとにかくグズグズ言ってても仕方ないし、、、また旅に出たいと泣いてもしょうがない。とにかく次の3月からのゴアを目標に働け!!!となんとか奮い立たせて日本の生活を整え始めたのですが、そうしたらそうしたで気づかぬうちに忙しさに追われるのが当たり前になり、忙殺されてしまっていて麻痺してました笑。

 

忙殺って凄い漢字,,,そのままやん。

 

そんな中でもどれだけ短い時間でも練習は続けていて、ある日『もし私に朝の練習が無かったら・・・』って考えてみました。

Hmmmm~まずきっと自分の呼吸の浅さにも気が付かず、体の違和感にも鈍いまま、もしくは違和感を知らないであろう。

精神面でもきっともっとピリピリしてただろうなと自分で言い切れる。こわっ。

当たり前かもやけど社会に出ると予測してない出来事が家よりも発生するし、人に感情を乱されることもいーっぱい。人間関係もヒトが多いほど複雑だろうし、、、ただでさえ平穏を保つのにエネルギーが要る。

 

時間があった頃は朝に全ての体力を使い切るくらい練習してお昼寝〜zzz が出来てたけど (期間限定で)かなり忙しい今、練習後にも体力を残しておかなければいけない上にお昼寝なんてもってのほかできない笑。

寝不足で朝練やりたくない日だって前より断然多い。。。でも実はこの生活にこそヨガが必要なのでは...って気がついた。

 

もちろん時間も気にせず昼寝もできて練習に全力を注げる生活や環境は私にはこの上ない理想だけど、ヨガのおかげでシャキシャキな現代的な生活の中でも自分の心と体を自分で整えてバランスを保とうと心がけることができる!

このツールを知ってて良かったぁぁぁぁ。ありがとう!!て練習後に心底思える。

そしてそれと同時に、働きまくってる世の中の見ず知らずの人の事を勝手に心配しだす健康押し売りおばさんキャラが強くなってきてる笑。自分の呼吸に意識向けた事あるのかな・・・?etc,,,おせっかい。

 

でもヨガじゃなくてもいいから、忙しい世の中の人がそれぞれ自分なりのセルフケアツールを持ってるのが当たり前になればいいのになって本当に思う。

 

日本の企業とか朝礼で10分でもいいから1日の大半の時間を会社に捧げてる社員さんに対して呼吸の時間やヨガとか取り入れてあげてほしいなって前よりも強く思う。

ヨガは自分のライフスタイルをオシャレに見せたりするツールじゃないし特別な習い事でもないと思うし、、、

こんなポーズできます!!!とかパフォーマンスヨガじゃなくて静かに黙々とその日その日の自分に合わせた練習をする。そんなツールがより多くの人の日常に溶け込んで行けるようにできる範囲でアシュタンガをシェアしたい!!!と一人盛り上がってる今日この頃です。

 

みんなにとってのセルフケアのツールってなんですか :)????

 

 

左右差をなくす

ジャンプスルー/バック時の脚クロスがいつも右脚が上になってしまうのが前から気になっていたけど、一度、左脚を上にしたらスルーもバックも思うように出来なくなって、その”出来ない”ことが嫌で蓋をしていた。


3日前の練習で突然思い出したようにまた気になりだして、左右交互に入れ替えるのを練習に追加。


右脚が上の時はもう慣れてるから違和感がないけど、左脚を上にした途端ジャンプスルーはつまづきながらの尻もち、バックはリフトアップにひと苦労…。


同じ動きなのに脚を組み替えるだけでこんなにも感覚が変わることに驚いたし、今まで出来てることが出来ないことにイライラもしてくる笑。


練習に追加したその日は、左脚を上にした途端、脚に脳からの指令が届いてないような感覚がすごいして、(もうこの先ずっと右脚が上でいいや。)

て頭によぎったけど、このまま自分が出来ない事にぶつかるとイライラして投げ出したくなる自分を優位にしたくなかったし、

練習を始めた頃は右脚が上でもスルーもバックも出来なかったことを思い返してこの練習を取り入れることを決意。


面白い事に昨日あたりからなんとなく左脚が上の時でも脳からの指令回路が出来てきた感覚があって、今日はやっぱり回路ができていってるのをさらに実感。


自分の体のまだ未開発というか眠っているというか、使えてない部分が使えてくるようになるたびに、うぅー楽しいぃー!となってしまう笑。

この左右差矯正はもうしばらくかかりそうやけど楽しめそう。


出来ないことができるようになるのは楽しいしどんどんハマる理由の1つやと思うけど、最近思うのは、できることが増えると同時に、それが出来なくなってしまうことに対しての不安が湧き出てきたり、前出来たんだからそのアサナが出来ないとダメというような執着が生まれてくるなぁと自分で思う。


マットの外でも、何かを得ると付属してくる執着とか不安はあるし、、、執着を手放すが今のテーマ。


もうすぐヴィパッサナー瞑想

じっとするの苦手なのに、果たして耐えれるのでしょうか笑。



熱が冷めないうちにやる!

また気がつけば放置してしまっていた。。

放置というよりブログを書こうという気持ちは頭の片隅には常にあるけど、文字に書き起こすのがとても面倒になってしまうパターン。


今日タイトルにした熱が冷めないうちにやる!っていうのは、アサナを進めていく中で自分の苦手なポーズが近づいてきた時の対処法。

苦手やったり苦しいアサナが近づいてくると私は心がザワザワし始めます。

(あー、やばい次あれや〜..やりたくない…

)的な気持ちがぽこぽこ湧き出てくる!


で、そのアサナに入る前に今までは、ちょっと余計な呼吸を入れて気持ちを整えたりして時間稼ぎしてました笑。


カポタの前にちょっと座って汗を拭いてみたり、、、集中を高めるふりをしてみたり。



でもそれまでに身体で作り出した熱が冷めないうちにやる!というヒントを聞いて、練習に取り入れようと思って意識して練習を変えてみてます。


未だにそのアサナが近づくと多少は心がザワザワしてくるけど、なるべくヴィンヤサを途切れさせず次のアサナが苦手じゃないかのように脳に思い込ませる。


自分的にこれが、かなり良い!!


アサナに入る前に無駄な時間を稼げば稼ぐほど、頭で苦手だと認識してしまうし、集中も途切れてしまうのかもと実感してき始めた。


まぁ私のように時間稼ぎをしている人はいないかもしれないけど^^笑






完全復活!

2月末の練習、スプタクルマアサナで右脚を首の後ろに引っかける時に、

んーあれなんか腰痛しいつもより股関節も固いなぁ…って思いながらも少し強引に引っ掛けてポーズに。突然腰からパキッ!と音がして同時に痛みがずしっときた。


元々椎間板ヘルニアもあるし、腰はよく痛めるから痛みの種類は自分なりに判断できるほうでこれは危険なほうの痛みや…!って一気にサーッと血の気が引いた笑。


ポーズから抜けてみたら腰にチカラは入らないものの割と動けてしまったので、まぁいけるかなと思ってもらってるところの最後までやりきって帰宅。

よかったー大丈夫やったーとか思いながら帰ってきたら痛みがぶり返してきて座るのも寝転ぶのもキツすぎる状態まで悪化してしまった。


コルセットが必須になったので明日からの練習をすごく悩んだ結果、マイソールはしばらく休んで家での練習に切り替えてみることに。まぁ予想通り太陽礼拝さえもヨボヨボヘロヘロ状態…。

家でよかった…笑。


今まではどこか痛めたとき、絶対安静を選んでたけど今回は思考を変えて、出来ることを出来るとこまで、そして細心の注意を自分の身体に向けて練習する事をやり続けてみた。


痛みも怪我もできればしたくないけど、この期間の練習は、いつもより丁寧に身体に呼吸を送り込みながら、ポーズの完成形やどこまで練習するかは考えず、今日の身体で出来る限界までを特に意識した。自分で治療する感覚がしたし、どんどん良くなっていく過程も実感できたからすごくいい経験やった。


そんで、やっと明日からマイソール復活できそう!って時に扁桃腺が腫れて39度の高熱…

さすがに動けずに寝込んでしまった笑。


そんなこんなでうずうずしながら約一週間マイソールをお休みして復帰♪

3日間はハーフで慣らし練習。

その後フルに戻して先週からはセカンド途中までも復活…!

普段は健康すぎてそれが当たり前で自分にスパルタやけど、痛みもなく元気に練習できる状態にもっとちゃんと感謝して、身体が出してる少しの痛みのサインも無視せずに聞いてあげないとなと身にしみた腰痛でした笑。