aumyogaのアシュタンガ練習日記

2016/9月アシュタンガスタート ただの練習記録

左右差をなくす

ジャンプスルー/バック時の脚クロスがいつも右脚が上になってしまうのが前から気になっていたけど、一度、左脚を上にしたらスルーもバックも思うように出来なくなって、その”出来ない”ことが嫌で蓋をしていた。


3日前の練習で突然思い出したようにまた気になりだして、左右交互に入れ替えるのを練習に追加。


右脚が上の時はもう慣れてるから違和感がないけど、左脚を上にした途端ジャンプスルーはつまづきながらの尻もち、バックはリフトアップにひと苦労…。


同じ動きなのに脚を組み替えるだけでこんなにも感覚が変わることに驚いたし、今まで出来てることが出来ないことにイライラもしてくる笑。


練習に追加したその日は、左脚を上にした途端、脚に脳からの指令が届いてないような感覚がすごいして、(もうこの先ずっと右脚が上でいいや。)

て頭によぎったけど、このまま自分が出来ない事にぶつかるとイライラして投げ出したくなる自分を優位にしたくなかったし、

練習を始めた頃は右脚が上でもスルーもバックも出来なかったことを思い返してこの練習を取り入れることを決意。


面白い事に昨日あたりからなんとなく左脚が上の時でも脳からの指令回路が出来てきた感覚があって、今日はやっぱり回路ができていってるのをさらに実感。


自分の体のまだ未開発というか眠っているというか、使えてない部分が使えてくるようになるたびに、うぅー楽しいぃー!となってしまう笑。

この左右差矯正はもうしばらくかかりそうやけど楽しめそう。


出来ないことができるようになるのは楽しいしどんどんハマる理由の1つやと思うけど、最近思うのは、できることが増えると同時に、それが出来なくなってしまうことに対しての不安が湧き出てきたり、前出来たんだからそのアサナが出来ないとダメというような執着が生まれてくるなぁと自分で思う。


マットの外でも、何かを得ると付属してくる執着とか不安はあるし、、、執着を手放すが今のテーマ。


もうすぐヴィパッサナー瞑想

じっとするの苦手なのに、果たして耐えれるのでしょうか笑。