aumyogaのアシュタンガ練習日記

2016/9月アシュタンガスタート ただの練習記録

加減がわからない

今朝の練習は動きはじめから体がだるーくて太陽礼拝のダウンドッグ5呼吸で眠ってしまえそうな程だった。

確かに寝不足続きやし、今日はほんまに体が疲れてるんやなぁ〜と思って、フルプライマリーを目標にとにかく出来そうなところまでやろう。と決めて動いていた。


こういう日は多々あるから特別なことではないけど、いつもその度に、「今日はここまでしよう!」と決めれない自分が出てくる。


最初の方は、

「ちゃんと自分の体の声に従う事も覚えていかないとやし、だからハーフでやめて帰ってゆっくりしよう」


そこからハーフの終わりナヴァアサナでそわそわしだして

「あ、もうすぐ終わりや…なんかまだ行けそうやからブジャピダアサナ やる?どうしよ…でもしんどい…うーん、、、フルまではいける頑張れ!」


とウジウジを振り切るようにブジャピへジャンプイン!


で、セツバンダアサナが終わった後のダウンドッグの最中に


「もうここまでやったならセカンドもあと少し頑張れよ…!えーでもフルまでって言ったやんーもうやめようよー」


と脳内で2人の自分がソワソワしだして結局セカンドの貰ってるところまでやる…。


という流れになる。

こういう時に、自分へ優しく。と自分に甘い。の加減がわからなくて結局自分に怠けるな!ヤレ!って言ってしまう事がほとんど。


たまにほんとうにしんどくて考える余地なくしんどい!てなってキリのいいところで辞めることはあるけど、そこまでならないとあっ、優しくしてあげれてなかった…って気がつかない。


この辺の加減をもっとうまくなれたらいいなぁと思う。

というかその前に頭で考えすぎて雑念が多いですな…